四谷の進学予備校は武田塾 / 国公立大学の偏差値ランキング / 司法書士事務所の人気ランキング

大東亜帝国を構成する各大学の特徴について

大東文化大学の特徴

大東文化大学 イメージ

大東文化大学の特徴は8学部19学科という幅広い分野の学びの場があることです。

特にアジアを中心とした世界の大学との交流を持ち、日本文化への深い理解と異文化への共感をもって東西文化を融合し「新しい文化の創造」を目指して国際社会に貢献しています。

大東文化大学の入試の難易度は偏差値は学部によって差はあるものの平均37.5〜45.0。センター得点率は45〜72%です。

どの学部も3教科の一般入試と2教科の全学部入試を揃えています。

大東文化大学 詳細

東海大学の特徴

東海大学 イメージ

関東の中堅私大と言われる東海大学は、特に様々は入試がある事が特徴です。

今でいうAO入試、自分推薦の入試や1教科で受験することができるなど受験者の選択肢を非常に多くしてくれています。

難易度から言うと関東中堅私大とはいえ、それほど高くはありません。

ただ理系と文系の総合大学ですので、どちらかと言えば理系の学部の方が難易度はそれなりに高くなります。

それでも難関私大や国公立子理系学部ほどではありませんのでそれほど気負う必要はありません。

東海大学 詳細

亜細亜大学の特徴

亜細亜大学 イメージ

亜細亜大学の特徴は、ひとくちで簡単にあらわせば、初代学長が掲げていたスローガンである、興亜と自助協力を建学の精神としているところでしょう。

また、経営、経済、法学、国際関係、都市創造の5つの学部と、短期大学による教育の場において、アジアにおける優れた人材の育成を目指していることに尽きます。

偏差値は、平均43であり、高校までの学習を普通におこなっていれば、入試に受かることはけっして難しいことではありません。

亜細亜大学 詳細

帝京大学の特徴

帝京大学 イメージ

帝京大学には特徴的な入試が数多く存在しています。まずはセンター型です。センター試験の点数のみで合否が判断されます。続いて、一般型についてです。前期と後期が存在します。

このタイプは大学独自の問題を解いて合否が判断されるものです。難易度に関しては、センター型の方が難しいとされています。

問題の難易度よりも、センター型は合格者の定員が一般型と比べてかなり少なく設定されているからです。一般型に関しては、前期と後期での難易度の差はないとされています。

帝京大学 詳細

国士舘大学の特徴

国士舘大学 イメージ

日本の私大の中でも特に特徴的な私大として認識されている国士舘大学の入試の難易度は決して高くはありません。

ただ体育学部に関してはその大半が推薦で決まってしまうため、一般の入試から受験をしようとするとかなり難易度は高くなるかもしれません。

また体育学部以外の学部は一般入試からなら偏差値もそれほど高くはありませんし、必要科目も2教科から3教科の選択式となっていますので、自分の得意な教科で受験する事ができます。

国士舘大学 詳細